ローンのデメリット

ローンを利用するデメリットは、「負債」を持つ、ということです。負債というと、少々深刻になってしまう人もいるかもしれませんが、言い換えれば、借りたお金を返す、というごく当たり前で、シンプルなことなのです。
確かに、利子を払わなけばいけないので、結果としては貸付金額以上の額を支払うことになりますが、それ以上のメリットを受けていると考えれば、当然の事です。長期的にお金を返済する訳なので、貸す方(金融機関)も、もちろん厳正に返済能力の有無を見たり、貸付限度額の審査を行いますので、その時の収入から、返済が可能な額しか貸してくれません。むしろ、能力以上の貸付をしようとする金融機関(業者)は疑うべきです。
というわけで、返済については、「大変だ」とか「苦しい」というイメージを持たず、出来る範囲のローンを組み、余裕を持った返済プランで利用すれば、なにも深刻に考えなければいけない(デメリット)はありません。気を付けなければいけないのは、返済が滞った場合。返済不可能と判断されれば、資産の差し押さえや、その後のローン利用不可など、社会的にマイナスとなってしまいますので、十分注意が必要となります。ローンのデメリットはこのようになっています。

Copyright© 上手にローンを利用する方法 All Rights Reserved.