ローンと上手に付き合うために

ローンと上手に付き合うための鉄則は、「無理のない範囲の金額内で借りて、ゆとりを持った返済プランを立てる」ことです。この2つを守れば、誰でも上手にローンと付き合うことが出来ます。言い換えれば、「自己資金+借入金で出来る範囲の事をする」ということ。車でも住宅でも、欲しいものを手に入れる為に限度額いっぱいや限度額以上のことをすれば、必ず無理が来ます。これでは、何のために働いて、何のためにローンまで組んで購入しているのか?」と思ってしまうのも無理はありません。
その他にも、利用する前に、十分その商品についての情報を収集しておく必要があります。金融機関によって、商品の内容、審査基準、金利、返済期間、その他の注意事項など、本当に様々ですので、借りようと思っている金融機関の、「その商品」についての情報を、正確に把握しておくことが大切です。一度借りてしまったら、完済(全額返済すること)以外に途中で簡単にやめることはできませんし、借りてから不都合な決まりごとに気づいてしまっても、手遅れです。その為にも、事前の情報収集は、特に大切。誤解がないようにしておきましょう。
ローンは、賢く利用すれば、とっても便利な社会経済の産物なのです。

Copyright© 上手にローンを利用する方法 All Rights Reserved.